インナーマッスルとアウターマッスル | 集治整骨院・整体院

インナーマッスルとアウターマッスル

インナーマッスルとアウターマッスル

電話058-322-7601道案内

インナーマッスルとアウターマッスル

こんにちは!集治整骨院の加納です(^^)/ みなさんはインナーマッスルとアウターマッスルを聞いたことがあったり、身体にどんな効果があるか知っていますか?? 患者さんの中でインナーマッスルは聞いたことがあるが何をしているかは分からない。 インナーマッスル?? アウターマッスル?? 聞いたことがない。 など。。。たくさんの声をお聞きします。 今日はインナーマッスルとアウターマッスルの違いについてお話します。 まず、アウターマッスルとインナーマッスルはどちらも筋肉です。 マッスルって言ってますからね笑 ですが。。。全くやってる作用が違います。 簡単に言うと インナーマッスルは持久系の筋肉です。主に身体を支えてくれてます。 インナーマッスルが弱ってる人は姿勢が悪かったり、疲れやすかったり、腰痛があったり、様々な症状が出てきます。 逆にアウターマッスルは力の筋肉です。ムキムキのボディービルダーが ポージングを取っているあのボコってした筋肉になります。物を動かしたりするときに使います。アウターマッスルは基本的に大きい筋肉なので、疲労しやすい構造になっています。なので、腕が疲れたとか使いすぎて痛いとかはアウターマッスルが関係しています。 もっとわかりやすくすると。インナーマッスルとアウターマッスルの例えでよく使うのが マラソン選手の高橋尚子さんとボルトです。 両選手の体型を想像してみて下さい。 想像できましたか?? 高橋尚子さんは痩せ型のすらーとしてますよね?? ボルトは逆にムキムキで筋肉質ですよね?? マラソンは42.195km走らないといけないですよね!!なので持久力系のスポーツです。マラソンは主にインナーマッスルを使います。 それに比べて、短距離走は100mとか200mの短さで速さを求めてますよね??なので、力系のアウターマッスルを使います。 一日中、力を使っていることってほとんどないですよね??僕は聞いたことがありません笑 もうお気づきかも知れませんが、みなさんが無意識に使っているのはインナーマッスルです!! 腰が痛いとか、デスクワークで姿勢が悪くなるとか原因はインナーマッスルにある可能性が高いです!! みなさんもインナーマッスルを鍛えていきましょう!!

集治整骨院の電話はこちら→058-322-7601

集治整骨院のHPはこちら→http://syuji-mizuho.com/

集治整骨院のFacebookはこちら→https://www.facebook.com/shujiseikotu/ 友だち追加数

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約。お問い合わせはこちら

時間

電話バナー

メール予約
LINEボタン

LINE登録特典